甘ふわな時間を君と。

‪いまさら離れることもできずにえぐえぐしてるジャニヲタ。ハロヲタもあわせてこじらせ中の基本在宅のひと。自担やジャニーズ以外のこともちまちま書いてます。‬

JUMPに興味ない人も沼に引きずり込む布教ソング

ここ数年で一気に人気と認知度を獲得したであろうHey!Say!JUMP。そこで今回はJUMP初心者を一気に沼に引きずり込める(かもしれない)10曲を独断と偏見で選んでみました。

 

 可愛いJUMPからカッコいいJUMPまで。布教用ソング10選!

全部聴いてもらいたい気持ちはあるんですけど、10年以上も活動してれば未音源化の曲も含めるとけっこうな量になるのは当然なわけで…好きな曲もおすすめな曲もたくさんありますが、まだJUMPをよく知らない方でも聴きやすいかな?と思う曲を選んでみました!

 

ウィークエンダー

Hey!Say!JUMPの存在を広めることに貢献したであろう一曲。通称ウィーケン。山田涼介主演の「金田一少年の事件簿」シリーズの主題歌で、放送されていた土曜日の夜にぴったりの歌詞。曲調もとてもキャッチーだし振り付けも比較的覚えやすいのでコンサートでも定番曲になりつつあります。音楽特番で披露してる曲もだいたいこれ。

 

コンパスローズ

3rdアルバム「smart」収録。この曲の前に「ゆーと叩いてみた。」っていう曲があるんですけど、それと繋がるように始まるイントロは必見。これを選んだ理由としては、JUMPメンバーがバンド形式で演奏をしてくれるから。これもひとつのJUMPの魅力だと思います。いつも踊って歌っているメンバーが楽器演奏してるなんてときめかないはずが!ない!!それとこの曲は八乙女光くんが作詞を担当してるんですが、「門限の9時 星空が見えても なんとなく一緒にいよう」っていう歌詞がとても好き。もしかして光くんってなんでも出来る子なの?と思わざるをえない。

 

瞳のスクリーン

初期のHey!Say!JUMPは辛気臭い曲と可愛い曲とのアンバランスさが強い印象がありますが、その真骨頂だと思います。メロディーも歌詞も衣装も辛気臭い。アイドルってもっとキラキラしてるものだろうし、可愛い盛りのアイドルがこれを歌えちゃうのすごい。いやほんとに辛気臭くて哲学出来ちゃうレベル。

 

Deepnight君思う

言わずもがな私が愛してやまない一曲。大人と子供の曖昧な境目で成長していくJUMPの、大人な一面が垣間見ることが出来ます。とりあえず私の好きが詰まった曲です。多くは語るまい。

 

AinoArika

リリース当時、完璧と言っていいほどに美しくこれでもかと揃ったダンスを披露しまくっていたJUMP。自分たちでもダンスを売りにしていこう、と踊る彼らのがむしゃらな姿は涙が出てきてしまうほど。この人数だからこそ出来る複雑なフォーメーションをビシッと決める姿は本当にカッコいい。赤いスーツの衣装もシンプルながらとてもカッコいい。映像込みでぜひ見てほしい。

 

 スクールデイズ

JUMPの年上組・Hey!Say!BESTのユニット曲。セクシーな大人の魅力はコンサートの一挙一動で伝わると思うし、BESTのユニット曲は色気ダダ漏れな曲が多いのであえて可愛らしい曲を。すでに社会人の方は学生時代の思い出と重ねて聴くとより刺激的な胸キュンをに味わうことが出来ます(当社比)。

 

Just for you

こちらはHey!Say!7のユニット曲。可愛い可愛い言われ続けた彼らも大人になりました。別れた恋人に向けたような歌詞がとても切ないのですが、それを歌い上げるメンバーがもう…可愛いなんて言えないくらいカッコいい。どこか切なさや憂いが漂う歌声も素敵。けいとりんのギターにも注目。

 

We are 男の子!

Hey!Say!JUMPを語る上で過度の可愛さを売りまくってる系ソングは外せない、というかぜひ聴いてほしい!全員が成人を迎えたにも関わらず、グループ全体でいまだに可愛さが鬼なのは貴重だと思うのです。というわけでこれ。恋する思春期男子の曲を歌う成人済み男子グループ・Hey!Say!JUMP…よし推せる!ってなったらいいなっていう願いをこめて選びました。

 

SHen SHera SHen

 「シェンシェラシェン」という読むんだと言われても意味不明、歌詞を検索して読んでみてもやっぱり意味不明。シェンシェラシェンゲ パンダリロン。作詞された方の話だと造語なんだとか。いまだにコンサートで披露されておらず、どういった意味なのかも謎に包まれているのになぜか頭から離れてくれない。気づいたら口ずさんでいること間違いなし。意味を知るために延々聴き続けたら気づいたら沼に足突っ込んでます。

 

Come On A My Houce

イントロからサビまで始終わちゃわちゃしているJUMPを楽しめる。純粋に歌詞だけ聞くと「俺んとこ来ないか(氣◯団風に)」ってのを繰り返し言ってるだけなんですけど、振り付けの可愛さやコンサートでのパフォーマンスの可愛さ・楽しさで人気曲に。メロディのキャッチーさも魅力。ラストサビ前の知念ちゃんの「カモナマイハウス!」が超可愛いです。

 

 とりあえずまずは聴いてください(まとめ)

比較的聴きやすくてJUMPの魅力が伝わるかもしれない10曲を選んでみました。 ものすごく悩んだし、これでいいのか…?っていう感じも拭えないんですが、私的にはなかなか満足。コンパスローズとサム&ピンキーとで少し悩んだのですが、バンドとしてのJUMPも知ってもらいたいってことでコンパスローズにしました。他の曲もかなり絞りに絞って考えたんだけど…どうなのかな…!なにはともあれ、JUMPに興味を持ってくれる人がもっと増えてくれたらいいのになって思う今日この頃です…