甘ふわな時間を君と。

いまさら離れることもできずにえぐえぐしてるゆるをたです。自担やジャニーズ以外のこともちまちま書きます。

私が考える「エース」と「センター」

エースとは誰なのか。

センターとは誰なのか。

 

グループに所属するアイドルを追っかけていると、少なからず考えることがあるであろうこの問題。私が長年追いかけているHey!Say!JUMPでは、我が担当である山田涼介がエースかつセンターだと言われることが増えましたよね。最近は本人の口からそういった内容の言葉を聞くことも増えてきて賛否両論あるようですが…そこの良し悪しはともかく、そもそもエースってなんだ?センターってなんだ?っていうのを考えてみようっていう回です。

 

私が考えるエースとは、センターとは

まずは個人的に思うエースとセンターのそれぞれの役割と意味について考えてみました。ざっくりと言うとエースは「グループの芯」、センターは「グループの顔」だと思ってます。

 

エースはグループの実力者。実力があるからエースでセンターってこともわりとよくある。ダンスだったり歌だったり、なにかしら突出した能力があるとエースと呼ばれる。だけどここについては努力次第でどうにかなる、らしい。わりと流動しやすいセンターと比べると固定されていることが多い気がする。リーダー制をとっているグループはリーダー=エース(ハロプロ的言い方をするならエーダー)っていう構図はあまりないように思います。グループの芯、と表現したのは、パフォーマンスだったりでどちらかというとメンバーにとっての絶対的支柱っていうイメージだっていう考え方だからです。外に向けてというより、内にとっての支え・芯っていうことで。

 

センターはあくまで立ち位置の話だけど、グループの顔になる存在。メディア露出をしても真ん中にいるために映りやすく目立ちやすい。タイアップによって変わることはあれど、事務所側がタレントを売り出すための戦略として特定のメンバーを真ん中に固定する場合も。グループの顔と呼ばれることも多く、外部に向けて何かを発信するときにいちばん目立ちやすくて目に入りやすい存在です。

 

エースと異なる点としては、安定して「センター」と呼ばれる存在になるには素質が必要だということ。グループを背負う、グループの顔になるってことはそれなりに必要なものがあるんだそうな。分かりやすいのは元AKBのあっちゃん。決してダンスが上手いわけでも歌が上手いわけでもビジュアルが突出してるわけでもなかったけど、紛れもなくあっちゃんはセンターだった。良くも悪くもセンター以外のなんでもなかった。そういうことです(どういうことだ)。

 

じゃんぷさんたちに見る、エースとセンター

じゃんぷさんたちの曲で「Viva!9's Soul」という曲があります。いわゆるグループ紹介ソングなんですけど、その中で山田涼介に対して「絶対エースだ」「お前がエースだ」という歌詞があります。また、インタビューのなかで山田くん自身が「JUMPセンターは俺から変わらないと思う」との発言をしていたことも。

f:id:xpi:20170728012209j:image

 なのでHey!Say!JUMPではエースとセンターともに山田涼介、という扱いなんだろうなと思う。

 

 もともと言葉が荒いことが多い山田くん。それもあって天狗になったと言われることが増えてきましたが、この発言はなあ…天狗ととられても仕方ないよなあ…。デビューしてから程なくしてセンターに立つことを任されてきたわけだからそう思うのも無理ないけど、どう考えてもこの発言で喜ぶのって山田担だけなわけで、ほかのメンバーの担当さん(と一部の山田担)からすればぶっ叩く材料にしかならないのになあ…最近の山田くんは自ら燃料ぶち込むことばかりなので不安です( ´•ω•` )

 

 じゃんぷさんは全員の意見を反映したいってことでリーダー不在の形を取っているけど、いまは逆にそれが悪い方向に働いているような気がします。エースでセンターの山田涼介の意見が最優先、みたいな。以前はコンサートの演出も全員で話し合うか、あるいは薮くんや光くんがメインになって動くことが多かった印象なんですが、ここ最近は山田さんが演出のベースをかんがえることが増えているんだそうな。なんかそれ違うんだよなーと思ってしまう。

 

 エースもセンターも同一人物っていうことについては特に異論はないんです。なんなら私は山田担なわけだから異論どころか嬉しい気持ちもある。ただ最近はリーダーみたいなことも山田くんが一手に受け入れているような感じがして、ふだんの言葉の使い方も踏まえて考えると…うん…歓迎されることはあまりないだろうなあと…。横暴だとか自己陶酔とか言われても仕方ないよなあと思いながらその手のツイートをぽちぽちふぁぼってます。

 

エースとセンターを兼ねるのはいいと思うんです。でもだからと言って横暴な態度を取っていいのかと言うとそうではないし、かと言って引っ込んでいるわけにもいかない。エースだという自覚があるのであれば、もっと話し方だったり言動だったりは考えたほうがいいんじゃないかな〜〜〜うん。昔から言動があっちこっちになりがちな山田くんだからこそ、より気をつけたほうがいいのでは…とヒヤヒヤしながら見ています。

 

まあ、個人的には。

山田涼介のセンター固定をやめて、センターポジションを変える感じにしないとグループとしての本当の意味でのブレイクは難しい気がします。せっかく人数が多いんだから、曲ごとにセンターを変えて雰囲気をがらっと変えていくのもいいかもしれませんね。山田くんのセンター固定じゃこれ以上ブレイクするのはなんとなく難しい気がしてしまうんです。だから山田くんにはエースとしてどのポジションでもこなせるスーパーエースに進化してもらって、センターポジションの子と争うくらいの気持ちでいてくれたら嬉しいな〜〜って最近思ってます。

 

彼はなにかと争っているときやハングリー精神に満ち溢れているときがいちばん輝いているしとてもカッコいいと思うのです。

 

ただな…山田くんはJUMPのなかでも身長が小さいから真ん中またはその辺り以外に置き場所ないんだよなバランス的な意味で…そういう意味ではセンターにいるべき人なのかもしれないな…(貶してない)