甘ふわな時間を君と。

‪いまさら離れることもできずにえぐえぐしてるジャニヲタ。ハロヲタもあわせてこじらせ中の基本在宅のひと。自担やジャニーズ以外のこともちまちま書いてます。‬

Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O 投票曲聴きました。

ベストアルバム発売おめでとー!ってことでさっそく初回盤2の投票曲10曲を聴きましたっていうか今まさにBGMとして流してるわけですが、一曲ずつレビューならぬ感想をつらつら書いていきます。本当に今はじめて聴いてるので全体的に賞賛になるのか文句だらけになるのかよくわかりません!わっくわっく!

 

TO THE TOP

ごめん正直ノーマークすぎてほぼ初見に近いです。全国へJUMPツアーのDVDにも収録されている爽快で前向きな一曲。声が若い!当時売れているとは言えなかったJUMPがTOPを目指して歌っていた…と考えると胸が熱くなりますね。今年はぐだぐだしまくっててわりとマジでヤバイとは思うけど、なにはともあれ10年間走り続けてくれて、ここまで連れてきてくれて有難う!と純粋に思わせてくれる浄化曲だなという認識になりました。

 

 

トビラの向こう

まずはじめに思ったのは「あ、新録じゃないんだ?」です。てっきり9人で録り直すと思っていたので、最後に「龍太郎!」って声が聞こえたときは「ファッ?!」ってなりました。なんかもうそれに全部持っていかれたのであまり感想が思いつきません。でもまあこれで10周年の節目にJUMPとしての龍太郎が成仏できたならいいなあと(適当)。ショタJUMPの声もいいけど、いまの成人済みメンバーの全力の悪ふざけが聴きたかったなあ、と思わなくもない。あ、聴いてるときに少クラやらデビュー魂のときの映像が頭のなかに鮮明に蘇りまして、全員の初々しい歌声に少し鼻の奥がつんとなりました。大きくなったねえ…(遠い目)

 

Star Time

懐かしいかなデビュー曲(のカップリング)。最初の裕翔くんと知念ちゃんのソロパートが好きです。当時はこのユニゾンだらけの中からいかに自担の声を聞き分けるかに全力を出したものです。

 

心・技・体

懐かしい補正が半端じゃない一曲。デビュー魂やら当時の少クラやらいろんな思い出が頭の中に駆け巡る曲であり、アアアアアア知念さんんんんんんんってなる曲。なにこの美声最高かよ。なんだかんだでデビュー魂のときに披露された曲って音源化されてないものばかりだったので、ここに来てようやく聴くことが出来て本当によかった。Bメロの「何かが変わり始める ねえ愛してもいいだろう」っていう歌詞が好きです。なかなかにストーリー性の強い歌詞ですが、私の中では主人(お嬢様とかお姫様とか)を慕い見守る臣下が主人公だと思っていて、この曲だけで短編小説は書けそうだなと思います。けっこう壮大な曲だなあと思います。ちなみにこの曲は森本兄弟の印象が強いのですがわかってくれる方いらっしゃいません?

 

愛ing〜アイシテル〜

愛ingと書いて愛してる。完全に愛してるの暴力。どうせ愛してるって言ってればこっちがキャーキャー叫ぶと思ってんだろ!その通りだよ!!あと全く関係ないけど、モーニング娘。の「恋ING(こいアイエヌジー)」って曲にタイトルが似てるなってずっと思ってた。

 

ChikuTaku

Dear.魂で冒頭の光くんのパートを山田くんが歌うという完全なる暴挙に出た過去があるので、「まさかなー!」と勘ぐってみたけど大丈夫だったのでよかったです。やぶひかの強さを知ることのできる名曲。

 

Viva!9's SOUL(2017ver.)

これ新録する意味あった?せめて大ちゃんのパート追加してやれよ…ついでに言うと一発目のほうがたぶんクオリティ高かったぞ(当社比)。もしかしてあれか?山田くんがラップクッソ苦手だから入れられないってやつか…?いずれにしても大ちゃんが本当に可哀想だし、サビに行くまでの「えっあのっ」っていうところ、完全に内輪でしかウケないやつだしなんとなく寒いからやめたほうがいいと思うよ…

 

Romeo&Juliet

アンコール定番曲なのは分かるし、選ばれたってことは人気が高いってことなんだろうけど、私はこれ聴くと腹抱えて笑ってしまう。衣装やら振り付けやら歌詞やら全てがツボです色んな意味で。めっちゃハッピーになれる曲(意訳)。Aメロの「アイラブユー!ユーラブミー!」の山田くんの初々しい歌い方はめっちゃ好きです。冷静に考えたら、タイトルになってる「ロミオとジュリエット」って絶対に叶わない恋愛小説なわけで、そういう意味ではアイドルソングとしてはものすごく秀逸なのかもしれない。

 

太陽にLOVE MOTION!

私がこの10年、本当にずっとずっとずっとずっと(以下エンドレス)音源化するのを待ち侘びた曲。投票曲候補の中に入っていていちばん嬉しい声。これもトビラの向こう同様当時のショタJUMPを楽しめる一曲です。曲のキャッチーさや歌詞の可愛さ、テンションの上がり方などどこを取っても大好きすぎて困る。いや困らない好き…ってなる。サビで一緒に手を振ったりしたのがすごく楽しかったなあ。クラスの男子、っていう言葉は学校の風景を連想させますが、いまではJUMPのメンバーほとんどが学生生活を終えてると考えると少し寂しいものがありますね。コンサートでするならファンサ曲にして楽しく会場を駆け回って欲しいなあと思います。ああ考えるだけで幸せでしかない…胸が痛くなって来た…

 

From.

投票曲のなかでは比較的新しく、これ入れるの?という声もちらほら聴こえていましたが、実際に順番に全部聴いたあとにこれを聴くとなんとなくしっくりきた。というのも、From.ってメンバーそれぞれのソロパートがかなり充実してるほうだと思うので、全員の歌声の成長具合がものすごくわかりやすいんだよね。とくに山田くん。昔はけっして歌が上手いほうじゃなくてハイトーンなんて歌うのが必死だったのに、しっかり聴かせることが出来るようになってるっていう。曲自体もすごく好きなので、このタイミングで再び音源化してくれて嬉しい気持ちもありました。

 

まとめ

ざっくりと思ったことをガーーーっと書き殴ってみました。たぶんJUMPを好きになったタイミングによっていろんな感想が生まれる内容になっていると思うので、お友達同士で感想を言い合ってみたり、改めてDVDなどで当時を振り返るのも楽しいかもしれません。コンサートでも披露される可能性大なので、とりあえず何度も聴いて覚えておくに越したことはないよ!

 

それと私はやっぱり「Deepnight君思う」が大好きすぎて未だに諦めきれてないんですけど、どうにかしてまたどこかに入れられませんかねえ…(切実)。