甘ふわな時間を君と。

いまさら離れることもできずにえぐえぐしてるゆるをたです。自担やジャニーズ以外のこともちまちま書きます。

今更だけど10周年目前のJUMPちゃんを紹介しちゃうよ!Hey!Say!7編

f:id:xpi:20170703142826j:image

2017年に結成10周年を迎えるHey!Say!JUMP。いのちゃんの独特の適当な言動で伊野尾バブルが巻き起こっている(らしい)こともあり、いまや人気アイドルグループの仲間入りをした…したよね…?と言っても過言ではないJUMPですが、メンバーそれぞれのことは意外と知られてないのでは…とお節介にも心配したので、パーソナルな部分も含めて勝手に紹介しちゃう記事です。

 

とりあえず知っておきたい、Hey!Say!JUMPの基礎知識

Hey!Say!JUMPは、2007年の9月24日にデビューしたアイドルグループ。前身グループとして期間限定ユニットである旧Hey!Say!7があり、その時は5名でデビューを果たしています。その後5人が追加され、現在は9名で活動中。コンサートでは年下組4名からなるSay!7と、年上組5名からなるHey!Say!BESTとで分かれてパフォーマンスをすることもあります。

 

デビューから現在に至るまで20枚のシングル(2017年7月5日発売「Precious Girl/Are You There?」を含む)と5枚のアルバムを発表しており、新たに10周年記念のベストアルバムも発売が予定されています。やばいねめっちゃ楽しみだね!!

 

さてさて、メンバーの紹介を…と思うのですが、先述したとおり現在のJUMPのメンバーは9人と少々多いので、年下組と年上組とでふたつに分けて書きたいと思います。まずは年下組のHey!Say!7から。

 

山田涼介

Hey!Say!JUMPの多くの曲でセンターを務め、メインボーカルを務めることも多い。メンバーカラーは赤。たぶん知名度はJUMPの中でいちばん高く、若手ジャニーズのなかでも絶対的エースに君臨する。ドラマや映画に多数出演するなど俳優としても活躍。クールな役柄や探偵の役柄が過去に多かったので勘違いされがちだが、高所・閉所・先端恐怖症を患うヘタレな一面も。それでも綱渡りとかやっちゃうのがカッコいい。メンバーの岡本圭人とはGPS情報を共有している仲。口が悪いがそのへんの女性より女子力が高い、が中身はただの成人男子である。

 

 知念侑李

踊ってよし、跳んでよし、歌ってよし、演じてよしのJUMPの優等生。メンバーカラーはピンク。デビュー当時は背が小さく女の子のように可愛かったが、今ではすっかり大人になり男性としての魅力が爆上がりのメンバー。独特の観察眼を持ち、そのすごさ(と面白さ)はいただきハイジャンプの「ダレコレドンピシャーナ」のコーナーで遺憾無く発揮した。嵐のリーダーである大野智が大好きで(もはやガチヲタ)、先日公開された「忍びの国」では念願の初共演を果たすがまだ満足していないらしい。山田涼介にライバル意識を持つがプライベートでは超仲良し。

 

中島裕翔

ファッション誌でレギュラーモデルを務める、高身長・イケメン・好青年の三拍子を兼ね揃えるJUMPのビジュアルメン。メンバーカラーは水色。ドラムにカメラ、乗馬と多趣味で、コンサートではドラマーとして演奏に加わったり、自身のカメラで撮った写真がスライドショーに使われたりする。近年では映画やドラマに多数出演し、役者としての成長もめざましい。イケメンっぷりばかりが持ち上げられているが笑顔がめっちゃ可愛い。Jr時代はスペオキとしてエリート街道を爆進し、他のJrとは一線を画していた。マジですごいからとりあえずググって、んで好きになって。

 

岡本圭人

Hey!Say!7では最年長だが芸歴はいちばん短く、Jrとしての活動歴がほぼないままで突然デビューしたときは衝撃が走った。メンバーカラーは緑。男闘呼組岡本健一氏の息子で、親子ともにジャニーズとしてデビューしたのは彼が最初。ギターが得意で、JUMPの楽曲では彼が演奏および作曲している曲もある。7のなかでは唯一大学進学経験がある。イギリスへの留学経験もあるため英語もペラペラなので彼の英語での歌唱パートは必見。めっちゃいじられ役だけどへこたれないのが可愛い。わたしの中では山田涼介とはもはや夫婦なのでは疑惑がある。それくらい山田涼介にデレまくってる。

 

森本龍太郎

ごめんどうしても紹介したかった。

Hey!Say!JUMPから加わったメンバーで、デビュー当時はジャニーズのデビュー組としても最年少だった。年齢の割に大人びており、年上メンバーにもがんがん噛み付くがそこが可愛いし魅力。力強いダンスも素敵なので、あまり見たことのない人には過去映像などぜひ見て頂きたい!事実上の脱退後も根強い人気があり、「JUMPは10人」と彼がいた頃のJUMPを大切に思っているファンも多い(わたしもその一人)。芸能活動を再開したときには多くのファンが泣いた。

 

個人的に思うこと〜Hey!Say!7

Hey!Say!7のメンバーは、比較的大抜擢を受けてデビューした子が多い印象。BESTでは高木さんは除いて他の4人はJrとしての活動歴が長く年齢も過去のデビュー組の平均くらいだったのですが、7のメンバーは中学生(龍太郎に至っては小学生)。

 

当時圧倒的な人気を誇っておりジャニーさんのスペオキとまで呼ばれた中島裕翔、小柄ながらも身体能力極振りの知念侑李、ドラマ出演から人気に火がついた山田涼介、Jr歴ほぼナシでデビューした岡本圭人、若干12才てデビューすることになった森本龍太郎。いずれのメンバーもまだまだ年齢が低く、デビューするなら海老か俺足が先だろうなーと思っていたお姉様方も多かったはず。そんななかでのデビューですから、たぶん本人たちかいちばん驚いてたはず。

 

そんなこんなで10年。

 

途中で辞めることを考えたメンバーもいたなかで、必死に食らいついて頑張ってくれて本当にありがとうの思いでいっぱいです。今年も来年もその先も、JUMPらしく跳びつづけてくれたら嬉しいなーと思います!

 

BESTの紹介はまた次回やります

というわけで今回はHey!Say!7の5人を紹介しました。簡単に紹介しただけなので、またそれぞれのメンバーを個別に紹介する記事を書きます。10周年記念日までには済ませられるように…けっこうなハイペースで書きます…ぐぬぬ( ´•ω•` ) いやね、10人もいるからね、とりあえず次回はお兄さん組についてちゃんと書くからね…需要があるかはわからないけど書きます…!