甘ふわな時間を君と。

‪いまさら離れることもできずにえぐえぐしてるジャニヲタ。ハロヲタもあわせてこじらせ中の基本在宅のひと。自担やジャニーズ以外のこともちまちま書いてます。‬

男性ジャニヲタというジャニーズファンにおける特異点

f:id:xpi:20170622003125j:image

このブログにうっかりたどり着いたということは、ジャニヲタという言葉をご存知かと思います。なんならジャニーズが好きな子じゃなくても知ってる人多いですよね。ジャニーズアイドルのヲタク=ジャニヲタです。アイドルというのは一般的に異性が異性のアイドルを好きになる、という構図が多いので、ジャニーズも例に漏れず女性のファンが多いです。女性へ向けたリップサービスが盛り込まれた曲も多いですよね(歌の途中で「I Love you♡」なんて序の口)。

 

ところがです。ジャニヲタと呼ばれる人の中には男性も意外と多いのですよ。女子ウケを狙ってのジャニーズ好きではなく、ひとりのアイドル好きとしてジャニヲタを自称する人たちのお話。

 

なぜジャニヲタになったのか?勝手に考えてみた

私は女性なので考えるしか出来ないんですけど、ジャニーズのどこを見て好きになるのかを浅はかな頭で考えてみました。思いついたのは以下の通り。 

 

  • ビジュアルへの憧れ
  • 同性ながらバキバキに歌って踊る姿に惹かれた
  • テレビなどで見せる、ステージ上とは違うギャップ

 

あれ…考えてみたけどぶっちゃけ女性ジャニヲタと変わらなくね…?と思ったアナタ。そうなんですよ、変わらないんです。たぶん着眼点だったりはまた違うと思うんですけど、根本的には変わらない。ビジュアル、ダンスや歌、それぞれのキャラクターやギャップなど、惹かれるところはだいたい同じなんですよね多分。コンサートに行く、CDを買う、好きなジャニーズアイドルが出てるテレビ番組を見る。なんで男性は駄目なの?べつによくない?

 

男性ジャニヲタへの偏見問題

私は男性だろうが女性だろうが好きなら好きで同志だ!っていう考え方なので、偏見とかは本当にないんですよ。好きなら好きって発信してもいいと思います。ところがですね、世の中には時々「男がジャニヲタとかwwキモいww」という偏見の目で見てしまう人ってのが一定数いるらしくてですね。それはそれぞれの考え方だと思いますが、かといって張本人に攻撃しちゃだめでしょ。自分の考えの押し付けイクナイ。

 

何度も書いてますが、たしかにアイドルは異性に対しての場面を想定してコンテンツを発信することが多いです。でも可愛いアイドル(女の子ね)に「いっしょにいてもいい?」とか言われたら「アッハイお願いします」ってなるじゃん!私はなります。ここ数年は長いアイドル戦国時代なんて言われて、AKBやらももクロやら夢アドやらいろんなアイドルが出てきました。それに比例するように「◯◯ちゃん推しですっ♡」みたいなジャニヲタとか溢れるほど出現しまくってたのも記憶に新しい。なんで男性はジャニーズを好きになったらあかんのや!と。

 

そういう偏見を持ってる人は一度新宿二丁目とか行ってオネエの皆様にガッツリ揉まれてくればいいと思う。もちろん精神的な意味で。

 

こういう偏見がまだ多く見られるので、のびのびとヲタ活出来ないことを悩んでいる方も多い様子。コンサートにひとりでは行きづらい、好きなジャニーズの話がなかなか出来ない、グッズをお店で買うのが恥ずかしいから通販、などなど。なんかあれだわ…地方でアニヲタしてて周りに同じようなタイプがいなくてでもアニメ見たいから心配そうな母親の視線を感じつつもテレビやらネットにかじりついてる風景が思い浮かんだわ…(過去の私です)。

 

異なる価値観を受け入れられたら、たぶんもっと楽しい

男性ジャニヲタにあって女性ジャニヲタにないのは、その着眼点。逆も言えます。女性の持つ着眼点は男性にはなかなかわからない部分もあると思います。どうしても異性のアイドルだと恋愛感情が芽生えがちだけど、同性だとそういう感情抜きで見ることが出来るから、きっと女性目線では見つけられない魅力を知っているはず。そういうのを自分のなかで受け入れられたら、また違う楽しさが生まれると思います。

 

自分の好きなものの新たな魅力に触れるのはきっと嬉しいことなんだから、自分の価値観ではありえないものを一旦受け入れてみたらたぶん世界変わりますよ。なんかアレだ、海外留学して帰ってきた奴が熱弁してる感あるけどそうじゃないんだ。ようするに偏見なんて損するだけでなんの役にも経たないよってことで!